コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

櫛田栄清 くしだ えいせい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

櫛田栄清 くしだ-えいせい

1845-1905 幕末-明治時代の箏曲(そうきょく)家。
弘化(こうか)2年5月21日生まれ。江戸の人。安政5年山田流箏曲家山多喜松調検校に師事。2代山多喜松調をへて明治24年ごろ櫛田栄清と改名。三味線をよくし,山登万和(やまと-まんわ)と「神遊」を合作した。明治38年1月11日死去。61歳。本姓は和田。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の櫛田栄清の言及

【山勢派】より

…門下に,山喜田(山千代)翠風一検校,山谷清風一検校などがあり,その他本来は山木派の山多喜(山田喜・山滝)栄松一検校(後名松調)も山勢に師事したといわれる。その門から高橋栄清の師の櫛田栄清が出た。 2世山勢(1812‐68∥文化9‐明治1)は,糸魚川の杉本茂右衛門の長男。…

※「櫛田栄清」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

櫛田栄清の関連キーワード櫛田 栄清(初代)高橋栄清(初代)山室 千代子高橋栄清明治時代都の春弘化