コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

櫛田栄清 くしだ えいせい

1件 の用語解説(櫛田栄清の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

櫛田栄清 くしだ-えいせい

1845-1905 幕末-明治時代の箏曲(そうきょく)家。
弘化(こうか)2年5月21日生まれ。江戸の人。安政5年山田流箏曲家山多喜松調検校に師事。2代山多喜松調をへて明治24年ごろ櫛田栄清と改名。三味線をよくし,山登万和(やまと-まんわ)と「神遊」を合作した。明治38年1月11日死去。61歳。本姓は和田。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の櫛田栄清の言及

【山勢派】より

…門下に,山喜田(山千代)翠風一検校,山谷清風一検校などがあり,その他本来は山木派の山多喜(山田喜・山滝)栄松一検校(後名松調)も山勢に師事したといわれる。その門から高橋栄清の師の櫛田栄清が出た。 2世山勢(1812‐68∥文化9‐明治1)は,糸魚川の杉本茂右衛門の長男。…

※「櫛田栄清」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

櫛田栄清の関連キーワード山登松齢大湾ユキ白勢高実高野茂松本操貞八重村琴楽八重村検校山木検校(3代)山勢松韻(初代)山登検校(2代)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone