コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都市型災害 としがたさいがい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

都市型災害
としがたさいがい

都市に特有の,規模が拡大し複雑化した災害都市的要因により災害の態様が質的に変貌し,二次的,三次的災害が発生し,都市機能を麻痺させることがある。阪神・淡路大震災(→兵庫県南部地震)の場合,地震発生に伴う家屋の倒壊,地割れなどの一次災害よりも,市街地の住宅密集地域で発生した大規模火災(二次災害)が被害を拡大。関東大震災以降最大の都市型災害となった。また近年,都市でヒート・アイランド現象がもたらす局地的集中豪雨(ゲリラ豪雨)が頻発し,新たな形態の水害が発生している。2000年9月,記録的豪雨により名古屋都市圏で大きな被害が出たことをうけ,建設省は都市型水害緊急検討委員会を設置。同年 11月,防災地図(ハザードマップ)の作成などを含めた最終提言をまとめ,官民一体となった防災対策を進めてきた。ほかにも都市部の局地的豪雨による中小河川の急激な増水,地下道路浸水,下水道事故等による人的被害など,新たな都市災害が多発している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

都市型災害の関連キーワード名古屋(市)

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

都市型災害の関連情報