コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都築温 つづき あつし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

都築温 つづき-あつし

1845-1885 幕末-明治時代の武士,官吏。
弘化(こうか)2年6月27日生まれ。末広鉄腸(てっちょう)の兄。都築燧洋(すいよう)の養子。伊予(いよ)(愛媛県)宇和島藩士。慶応3年二条城に諸藩の重臣があつめられた際,将軍徳川慶喜(よしのぶ)に大政奉還の急務であることを説いた。維新後は外国官権判事,愛媛県会議員,北宇和郡長などをつとめた。明治18年9月27日死去。41歳。字(あざな)は子良。通称は荘蔵。号は鶴洲。著作に「小児教育論」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

都築温の関連キーワード明治時代都築荘蔵弘化官吏

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android