鄙俚(読み)ヒリ

デジタル大辞泉の解説

ひ‐り【××俚】

[名・形動]言語・風俗などがいなかじみて、いやしいこと。また、そのさま。野鄙。
「よしや其言語は―なりとも」〈逍遥小説神髄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひり【鄙俚】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
言語・風俗などがいなかびていて卑しい・こと(さま)。野卑。 「よし其言語は-なりとも/小説神髄 逍遥

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android