コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

ひ【鄙】[漢字項目]

[音]ヒ(呉)(漢) [訓]ひな ひなびる
都市部から離れた地。いなか。「都鄙辺鄙
いなかっぽい。ひなびている。つまらなく卑しい。「鄙語鄙俗鄙劣鄙陋(ひろう)鄙猥(ひわい)野鄙
自分のことをへりくだっていう語。「鄙見
[補説]3は「」と通用する。

ひな【×鄙】

都から離れた土地。田舎。「にはまれなしゃれた店」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひな【鄙】

都から離れた土地。いなか。 「 -にはまれな美人」
支配の及ばない未開地に住む人々。えびす。 「四道将軍よつのみちのいくさのきみ-を平けたる状を以て奏す/日本書紀 崇神訓
[句項目] 鄙の別れ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鄙の関連キーワードけいせい色三味線褄外れ・爪外れ傾城色三味線東海園鶴群うたがたもとおしろし下平可都三長道・長路佐藤祐之葛飾辰斎其処此処桑山玉洲荻野安静荻田安静邑制国家四道将軍銀山温泉粕谷栄市桑山玉州門・戸

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鄙の関連情報