コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

ひ【鄙】[漢字項目]

[音]ヒ(呉)(漢) [訓]ひな ひなびる
都市部から離れた地。いなか。「都鄙辺鄙
いなかっぽい。ひなびている。つまらなく卑しい。「鄙語鄙俗鄙劣鄙陋(ひろう)鄙猥(ひわい)野鄙
自分のことをへりくだっていう語。「鄙見
[補説]3は「」と通用する。

ひな【×鄙】

都から離れた土地。田舎。「にはまれなしゃれた店」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひな【鄙】

都から離れた土地。いなか。 「 -にはまれな美人」
支配の及ばない未開地に住む人々。えびす。 「四道将軍よつのみちのいくさのきみ-を平けたる状を以て奏す/日本書紀 崇神訓
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鄙の関連キーワードけいせい色三味線褄外れ・爪外れ傾城色三味線とおしろし長道・長路東海園鶴群うたがたも下平可都三其処此処粕谷栄市桑山玉州四道将軍葛飾辰斎桑山玉洲さんさ踊荻田安静邑制国家尾崎雅嘉銀山温泉佐藤祐之

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鄙の関連情報