コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鄭観応 ていかんおうZheng Quan-ying

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鄭観応
ていかんおう
Zheng Quan-ying

[生]道光21(1841)?
[没]?
中国,清末の実業家,改革論者。広東省香山県の人。別名は官応。号は陶斎。初め上海で商業に従事しながらヨーロッパ人と広く接触して,西欧の近代的事物に対する識見と実務的手腕を養う。のち実力を李鴻章ら洋務派官僚に認められ,清代末の重要な企業経営に参画した。著書に『易言』『盛世危言』『盛世危言後編』などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ていかんおう【鄭観応 Zhèng Guān yīng】

1842‐1922
中国,清末の実業家で改良主義思想家。広東省中山県の人。号は陶斎,別号杞憂生。若いころ,上海に行きイギリス商人の下で買辧として働いたが,1880年(光緒6)李鴻章の委嘱を受けて上海機器織布局総辧となり,さらに輪船招商局,上海電報局などの運営に当たった。こうした経験から,当時の洋務運動に同調しながらも,一方で民間の商業を重視し,議院を設けて民意を反映させることを主張した。《易言》《盛世危言》の著にその思想は表現されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

鄭観応の関連キーワード天保の改革ウィリアムHハリソンアストンエルメレンスサージェントファーブル-ブラントブラントンブリンクリープレグランメンデンホール

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android