コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国子監 こくしかん Guo-zi-jian; Kuo-tzu-chien

5件 の用語解説(国子監の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国子監
こくしかん
Guo-zi-jian; Kuo-tzu-chien

中国歴代の最高教育文化機関。西晋 (→) の咸寧2 (276) 年,貴族の子弟の教育のため国子学を設けたのに始り,隋の大業3 (607) 年国子監となる。唐制では国子学,太学,四門学,律,書,算などの学を統括,長官祭酒,次官司業,諸博士以下の官員が数千人の学生の指導にあたった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こくし‐かん【国子監】

中国で以後、貴族の子弟や世間の秀才を教育した国家経営の学校。また、その学校を管理した教育行政官庁。代の国子学にあたる。
大学寮唐名

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こくしかん【国子監 Guó zǐ jiàn】

中国において隋代以来中央に置かれた教育行政機関。国子とは《周礼(しゆらい)》に見える語で,公卿大夫の子弟を意味する。晋代に初めてその教育機関として国子学が設置され,隋代には国子監と改められた。唐の国子監は教育行政機関であって,直接教育を担当したのは,その下に置かれた国子学,太学等の学校であった。宋・元はあらましこの制度を受けついだが,元では別に蒙古,回回等の国子監,国子学も設けられた。明に至って国子監は国子学を吸収し,教育行政機関と最高学府の二つの性格を兼備することとなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こくしかん【国子監】

中国,隋の煬帝ようだいの時に設置された教育行政官庁。国子学・大学などの国立学校を管轄。明代以後,国子学と同一となり,最高学府をも兼ねた。
大学寮の唐名。
大学允じようの唐名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国子監
こくしかん

旧中国の中央政府で最高学府行政をつかさどった役所。漢代には都に太学(たいがく)があり、六朝(りくちょう)以後は貴族子弟を教育するために国子学を置いたが、隋(ずい)代に初めて国子監を設けた。唐代は国子監に長官の祭酒(さいしゅ)、次官の司業(しぎょう)以下の官があり、太学、国子学などを管轄した。宋(そう)代には国子監がつかさどるのは太学を主とし、その教官を、ときに国子直講(ちょっこう)、ときに太学博士(はかせ)と称した。元代には国子監の下に国子学があり、明(みん)代にこれを国学と改めた。清(しん)代には国子監は国学、官学、算学などを管轄し、ここに学ぶ者に貢生(こうせい)、監生(かんせい)、学生などの別があり、学校の試験を受けて官途につく道が開けていたが、科挙によるほうが栄達が早かった。学校では授業を行うことはほとんどなく、孔子の祭典や、まれに形式的な講義を行うにとどまった。[宮崎市定]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の国子監の言及

【学校】より

…しかし実際は科挙という試験の通過が士大夫への道であり,まさに月々の成績は統治官僚を志す者として軽視できぬものとなっていた。学校制度は唐の時代に中央教育行政官庁である国子監の下で整備され,貴族の子弟を入学させる国子学をはじめ,階層に応じ大学,四門学,律学,書学,算学が設けられた。儒教は漢代に中国の国教となり,以後清朝にいたるまでその地位を占め,1919年の五・四運動において初めて徹底的に批判された。…

【本】より

…馮道は後唐以後も11人の皇帝に仕えながら,21年後の953年に完成した。印刷・出版は国子監(国立大学)で行い,ここで彼は,ほかにもいくつかの大出版を行った。
[宋版]
 宋代は商工業,貿易の発展を背景として,文化がおおいに興った時代である。…

※「国子監」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国子監の関連キーワード国師寄人教正国子学視学官少宮司審判官督学官江寧総領所

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国子監の関連情報