コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鄭鑑録 ていかんろく

世界大百科事典 第2版の解説

ていかんろく【鄭鑑録】

朝鮮の李朝中期以降,民間に流布した予言書。易姓革命による李氏王朝の滅亡を説く。成立の由来は不詳で,さまざまな異書が存在するが,李氏の祖先である李湛と鄭氏の祖先鄭鑑という2人の人物の問答の形式をとって,漢陽(ソウル)に都する李朝が数百年続いたあと鶏竜山の鄭氏王朝がこれに代わるとし,その間におこる災難や禍変などを予言している。李朝政府は禁書として取り締まったが,圧政に対する民衆の願望を代弁する性格をも持っており,容易に根絶しえなかった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

鄭鑑録の関連キーワードケリョン(鶏竜)山

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android