コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鄭鑑録 ていかんろく

1件 の用語解説(鄭鑑録の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ていかんろく【鄭鑑録】

朝鮮の李朝中期以降,民間に流布した予言書。易姓革命による李氏王朝の滅亡を説く。成立の由来は不詳で,さまざまな異書が存在するが,李氏の祖先である李湛と鄭氏の祖先鄭鑑という2人の人物の問答の形式をとって,漢陽(ソウル)に都する李朝が数百年続いたあと鶏竜山の鄭氏王朝がこれに代わるとし,その間におこる災難や禍変などを予言している。李朝政府は禁書として取り締まったが,圧政に対する民衆の願望を代弁する性格をも持っており,容易に根絶しえなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鄭鑑録の関連キーワード衛氏朝鮮三浦の乱李朝実録流行歌倭館書堂流布開化派史庫

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鄭鑑録の関連情報