コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

配給制 はいきゅうせい

2件 の用語解説(配給制の意味・用語解説を検索)

防府市歴史用語集の解説

配給制

 割り当てて配ることです。太平洋戦争[たいへいようせんそう]の時は、一定量の物資が各人に配られていました。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

配給制【はいきゅうせい】

日中戦争の泥沼化に伴い,砂糖など不足しがちな物資を経済的な重要度と生活面での必要度に応じて配分するためにとられた制度。軍需品を中心とする生産力拡充を強行した結果,生活必需品が極度に不足したため,1938年の綿糸配給統制規則の公布により,通帳や購入券などの切符を世帯の構成人数や年齢によって応分量割り当てる切符制が始まった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

配給制の関連キーワード割賦月賦配分役付け当て当て均等割席割振当て割賦金割当て

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

配給制の関連情報