衛生(読み)えいせい

精選版 日本国語大辞典「衛生」の解説

えい‐せい ヱイ‥【衛生】

〘名〙 (生命をまもる意)
① 健康を保ち、病気の予防、治癒をはかること。
※羅山先生集(1662)六七「炎皇徳与日星明、後世叨叨云
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一一「衛生(エイセイ)の為にとて、人々群集(むれつど)ふわけにてはあらじ」 〔荘子‐庚桑楚〕
② 公共施設の清掃などを業とする人。
※貧民窟探検記(1906)〈木工冠者〉八「『衛生』と称する市役所市内大掃除人夫」
[語誌]生命を守るという意味の「衛生」は漢籍に見え、日本でもその例を近世以降見出せるが、明治初期に英語 hygiology の訳語に当てられたこと、さらに明治九年(一八七六)、内務省に設けられた国民の病気予防のための行政機関名として「衛生局」を用いたことが、この語のその後の普及に大きく寄与したと考えられる。→「けんぜん(健全)」の語誌

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android