コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒井忠勝(1) さかい ただかつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

酒井忠勝(1) さかい-ただかつ

1587-1662 江戸時代前期の大名。
天正(てんしょう)15年6月16日生まれ。酒井忠利(ただとし)の長男。武蔵(むさし)深谷藩(埼玉県),同川越藩をへて,寛永11年若狭(わかさ)(福井県)小浜(おばま)藩主酒井家初代となる。11万3500石。のち1万石加増。老中,大老として徳川家光,徳川家綱を補佐した。寛文2年7月12日死去。76歳。三河(愛知県)出身。法号は空印。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

酒井忠勝(1)の関連キーワード安土桃山時代(年表)フェルディナンド1世[メディチ家]フランチェスコ1世[メディチ家]アルマダキリシタン島津義弘セルバンテス肥前国豊前国マーロー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android