コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セルバンテス セルバンテス Cervantes Saavedra, Miguel de

7件 の用語解説(セルバンテスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セルバンテス
セルバンテス
Cervantes Saavedra, Miguel de

[生]1547.10.9. 〈洗礼〉アルカラデエナレス
[没]1616.4.23. マドリード
スペインの小説家。外科医の子に生れ,スペインやイタリアの各地を転々としたのち,レパントの海戦に参加して功績があったが,帰国の途中トルコ軍に捕えられて5年間の虜囚生活をおくった。帰国後も投獄や破門を体験するなど,波乱に富んだ生活をおくりながら,1580年前後から創作を始め,1605年に『ドン・キホーテ』 Don Quixoteの前編,15年に後編を出して,「黄金世紀」の代表的な作家となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

セルバンテス(Miguel de Cervantes Saavedra)

[1547~1616]スペインの小説家。奴隷生活・入獄など波瀾に富んだ生涯を送り、想像力と才知にあふれる作品を残した。小説「ドン=キホーテ」「模範小説集」、戯曲「幕間狂言」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

セルバンテス

スペインの作家。マドリード近郊に生まれた。父が貧しい外科医だったので,正規の学校教育はほとんど受けていない。1569年イタリアへ赴き,枢機卿の侍僕になり,イタリアの文芸に親しく接した。
→関連項目アルカラ・デ・エナレスの大学と歴史地区黄金世紀

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

とっさの日本語便利帳の解説

セルバンテス

金持ちのたわごとは格言で通る。\セルバンテス
スペインの作家(一五四七~一六一六)。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

セルバンテス【Miguel de Cervantes Saavedra】

1547‐1616
スペインの作家。旧トレド王国の大学町アルカラ・デ・エナレス生れ。貧しい外科医の息子だったセルバンテスは家族とともに各地を転々とし,正規の教育はほとんど受けなかったと思われるが,マドリードで著名な人文学者ロペス・デ・オヨスに師事したことは確かである。1568年に編さんされた亡き王妃イサベルド・バロア追悼詩文集に,編者のロペス・デ・オヨスがセルバンテスの詩数編を載せ,〈わが秘蔵の弟子〉と呼んでいるからである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

セルバンテス【Miguel de Cervantes Saavedra】

1547~1616) スペインの小説家。波瀾万丈の生涯を送り、晩年貧困の中で執筆活動を行なった。代表作に、近代小説の先駆として名高い「ドン-キホーテ」のほか「模範小説集」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セルバンテス
せるばんてす
Miguel de Cervantes Saavedra
(1547―1616)

スペインの小説家、劇作家、詩人。[桑名一博]

生い立ち

1547年の9月末ごろ、マドリードに近い大学町アルカラ・デ・エナレスで生まれたが、正確な誕生日はわからない。洗礼は10月9日にサンタ・マリア・ラ・マヨール教会で受けている。父親は耳の不自由な外科医。セルバンテスの幼・少年期に関することは正確なところはわからない。父親が各地を転々とする生活を送ったので、たぶんどこかの地で短期間ながらイエズス会系の学校にでも通ったのではないかと推測される。[桑名一博]

軍役と名誉の負傷

彼の名前が初めて文献に現れるのは、1568年にマドリードに住む人文学者ロペス・デ・オヨスが出版したフェリペ3世の王妃を追悼する詩文集で、「わが秘蔵の愛弟子(まなでし)」とよばれたセルバンテスの詩が三編ほど収められている。しかし翌年には彼はイタリアに渡っており、まず枢機卿(すうききょう)アックワビーバの侍僕(じぼく)となるが、1570年にはナポリに赴き、弟ロドリーゴのいる部隊に入隊して兵士となっている。そして翌1571年には歴史上有名なレパントの海戦に参加し、胸や腕に傷を負う。左腕に受けた傷は悪化し、のちには左手が自由に使えなくなったが、自ら「右手の名誉をさらにあげるために」左手の自由を失ったのだと、最後までこの名誉の負傷を誇りにしていた。彼はしばらく療養したあと、ふたたび軍役に復し、弟ロドリーゴとともにナバリノの海戦、チュニス攻略などに参加し、パレルモやナポリに駐屯したが、1575年、国王の異母弟であるドン・フアン・アウストリア提督の感状と、シチリアの副王の推薦状をもって帰国の途についた。[桑名一博]

奴隷生活から文筆業へ

彼と弟が乗っていた船は、当時地中海を横行していたトルコの海賊船に襲われ、セルバンテスは他の乗船者とともに捕虜となり、アルジェに連れて行かれ、その地で5年間の奴隷生活を送ることになる。彼はその間に数度の逃亡を試みていずれも失敗しているが、奇跡的に処刑を免れることができた。結局、1580年に身代金を払ってもらってようやく自由の身となった。
 スペインに帰国後は、思わしい職が得られないまま文筆で身をたてることを志し、1587年までに20~30編の戯曲を書いたようだが、現存しているのは『アルジェの牢屋(ろうや)』と『ヌマンシア』の二編だけである。このころに書いた作品でいくらか成功を収めたのは、当時流行していた牧人小説の『ガラテーア』(1585)で、セルバンテスはこの作品には深い愛着をもっていたらしく、死の直前まで何度か続編を書く約束を繰り返している。
 1584年に18歳下の娘と結婚し、彼女の持参金によって生活が安定するかにみえたが、続いて起きた父親の死のために家族を養う必要が生じ、1587年にはセビーリャへ行って無敵艦隊の食糧徴発係になった。この仕事に従事しているときに司教領からの徴発をやりすぎ、教会から破門されたこともある。さらにグラナダで徴税吏になってからも、公金を預けておいた銀行家が破産して失踪(しっそう)する事件に巻き込まれたり、マドリードへの召喚命令に従わなかったことが原因で、一度ならず入獄しており、ついには官職から追われることになった。この期間に、彼の名を不朽なものとした『ドン・キホーテ』(第一部・1605)を書き上げている。この作品は出版と同時に大好評で版を重ねたが、版権を安い金で売り渡していたので、彼の生活はその後もいっこうに楽にならなかった。[桑名一博]

旺盛な文学活動

1605年に、彼が住んでいたアパートの近くで起きた刃傷(にんじょう)事件に関して嫌疑をかけられたことがあるが、彼はその後も絶えず、主として金銭問題から、法律上のいざこざに巻き込まれていたようである。そのため、10年にナポリの副王に任命されたレモス伯爵の随員になることを願ったが、この希望はかなえられなかった。だが、このように恵まれない生活を送っていたにもかかわらず、晩年の文学活動はきわめて活発である。
 まず、12編の中・短編小説を収めた『模範小説集』(1613)を出版したのを皮切りに、当時の詩人たちを批評した長編詩『パルナソ山への旅』(1614)や、『新作戯曲8種と幕間狂言8種』(1615)をたて続けに出版した。1615年には『ドン・キホーテ』の第二部も出版している。そして1616年には、彼にいわせると、スペイン語で書かれた最良の、もしくは最悪の創作だという『ペルシーレスとシヒスムンダの苦難』(1617没後刊)を完成させ、死の床できわめて感動的な献辞を書いている。セルバンテスは1616年4月23日、マドリードで死んだ。[桑名一博]
『荻内勝之訳『ペルシーレスとシヒスムンダの苦難』上下(1980・国書刊行会) ▽カルロス・フエンテス著、牛島信明訳『セルバンテスまたは読みの批判』(1982・風の薔薇)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のセルバンテスの言及

【スペイン文学】より

…1554年に出版された作者不詳の《ラサリーリョ・デ・トルメスの生涯》がその嚆矢となったが,このジャンルはマテオ・アレマンの《悪者グスマン・デ・アルファラーチェの生涯》を経て,スペイン・バロック期最大の文人フランシスコ・デ・ケベードの《かたり師,ドン・パブロスの生涯》でその極に達した。そして不朽の名作《ドン・キホーテ》により,上述の二つの小説の傾向を融合し,創造の中に創造の批判を根づかせることによって厳密な意味での近代小説をつくり出したのがミゲル・デ・セルバンテスである。セルバンテスの重要な作品としてはほかに,12の短編からなる《模範小説集》(1613)がある。…

【道化】より

…権力を嘲笑した道化的哲学者ディオゲネスに自分を擬したラブレーは,道化の杖をペンに持ちかえて,世界を哄笑のうちに活性化する。他方,セルバンテスの《ドン・キホーテ》は,ガルガンチュアやフォールスタッフとは似ても似つかぬ,やせて,不眠症で,理想主義的な〈憂い顔の騎士〉ドン・キホーテを登場させる。高貴な〈精神の道化〉と,彼に召使として仕える猥雑な〈肉体の道化〉サンチョ・パンサ,この2人とともにルネサンスの〈道化文学〉の黄金時代は終わる。…

【ドン・キホーテ】より

…スペインの作家セルバンテスが1605年に前編を,1615年に後編を発表した小説で,正式の題名は《才智あふれる郷士ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャEl ingenioso hidalgo Don Quijote de la Mancha》。セルバンテスは〈前編〉の序文において,この作品が牢獄の中で生まれたことをほのめかしているが,おそらく1602年,55歳の彼がセビリャで入獄していたときにその構想を得たか,書き始めたものと考えられる。…

【ヌマンティアの戦】より

…それにもかかわらず,やがてスキピオ(小)の率いる6万人のローマ軍によって鎮圧された。この戦いは,スペイン人の愛国心を鼓舞するできごととして長く記憶され,セルバンテスも戯曲《ヌマンシア》を書いている。またR.アルベルティは内戦中にフランコ軍によって包囲されたマドリードを舞台にして同名の戯曲(初演1937)を書いた。…

【レパントの海戦】より

…16世紀最大と評されるこの海戦は,ただちには東西両陣営の形勢逆転に結びつかなかったが,キリスト教諸国は不敗とされてきたオスマン海軍に対する萎縮感から解放されて自信を回復,またスペインの海軍力が世論の注目を集めた。文豪セルバンテスは,一兵卒として参戦して負傷,後にこの海戦を〈かつてなかった最も偉大な一瞬〉と呼んだ。【小林 一宏】。…

【笑い】より

… 16世紀の中世的な価値の崩壊から18世紀の近代社会の確立までの間に,ヨーロッパは3人の偉大な〈笑い人間〉を生み出している。ラブレーとセルバンテスとスウィフトである。ラブレーにとって笑いは〈人間の本性〉だった。…

※「セルバンテス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

セルバンテスの関連キーワード洗礼堂洗礼盤洗礼者ヨハネ洗礼名サンジャン洗礼堂ネオン洗礼堂小児洗礼《戦火の洗礼》洗礼親リバ・サン・ビターレ洗礼堂

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

セルバンテスの関連情報