コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒井忠良 さかい ただよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

酒井忠良 さかい-ただよし

1831-1884 江戸時代後期の大名。
天保(てんぽう)2年5月24日生まれ。酒井忠方(ただみち)の子。弘化(こうか)2年出羽(でわ)松山藩(山形県)藩主酒井家7代となる。戊辰(ぼしん)戦争では,宗家鶴岡藩(山形県)とともに新政府軍に抵抗したが敗れ,明治元年隠居を命じられた。明治17年10月1日死去。54歳。

酒井忠良 さかい-ただかた

1808-1834 江戸時代後期の大名。
文化5年9月3日生まれ。酒井忠寧(ただよし)の長男。文化14年上野(こうずけ)(群馬県)伊勢崎藩主酒井家6代となる。文政4年伊勢崎領版「小学」を刊行した。天保(てんぽう)5年10月21日死去。27歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

酒井忠良の関連キーワード酒井忠恒(2)酒井忠匡

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android