コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒井田円西 さかいだ えんせい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

酒井田円西 さかいだ-えんせい

1574-1651 織豊-江戸時代前期の陶工。
天正(てんしょう)2年8月2日生まれ。元和(げんな)年間に肥前杵島郡(佐賀県)白石から,子の喜三右衛門(初代柿右衛門)とともに有田南川原(なんがわら)にうつる。喜三右衛門に高原五郎七(朝鮮系の陶工)から陶法をまなばせる。のち白磁染め付けの焼成に成功した。慶安4年6月24日死去。78歳。名は弥次郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

酒井田円西 (さかいだえんせい)

生年月日:1574年8月2日
安土桃山時代;江戸時代前期の陶工柿右衛門の父
1651年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

酒井田円西の関連キーワード酒井田柿右衛門(初代)柿右衛門(1世)生年月日

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android