コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒槽 サカブネ

デジタル大辞泉の解説

さか‐ぶね【酒槽】

酒を蓄えておく大きな木製の器。
もろみを絞るときに使う長方形の木製容器。もろみの入った多くの酒袋を容器に入れ、押しぶたで袋を押すと、底に近い側面の穴からは絞られた酒が流出し、袋の中には絞りかすが残る。

しゅ‐そう〔‐サウ〕【酒槽】

酒をしぼる。また、しぼった酒を蓄えておく桶。さかぶね。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅそう【酒槽】

酒を入れるおけ。さかぶね。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

酒槽の関連キーワード八岐大蛇おけ酒粕

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android