コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒槽 サカブネ

デジタル大辞泉の解説

さか‐ぶね【酒槽】

酒を蓄えておく大きな木製の器。
もろみを絞るときに使う長方形の木製容器。もろみの入った多くの酒袋を容器に入れ、押しぶたで袋を押すと、底に近い側面の穴からは絞られた酒が流出し、袋の中には絞りかすが残る。

しゅ‐そう〔‐サウ〕【酒槽】

酒をしぼる。また、しぼった酒を蓄えておく桶。さかぶね。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅそう【酒槽】

酒を入れるおけ。さかぶね。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

酒槽の関連キーワード八岐大蛇おけ酒粕

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android