コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒運上 さけうんじょう

大辞林 第三版の解説

さけうんじょう【酒運上】

江戸時代の酒造税。1697年に設けられ、天領では1709年に廃止されたが、私領では種々の名目で残った。酒屋運上。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さけうんじょう【酒運上】

江戸時代,酒造業に対して課せられた酒造税。中世には酒屋役,麴役があり,江戸時代でも諸藩では初期から酒運上,酒役銀などの名目で課税された。幕府は1697年(元禄10)売価の3分の1の酒運上を課すように全国に布達した。課税の目的は酒価の引上げによって飲酒を制限するためであるとされた。しかし現実には酒価の高騰をきたし,需要の減少をみるにいたらず,1709年(宝永6)に廃止された。しかし以後も各藩ではなお有力財源として酒運上が課せられた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の酒運上の言及

【運上】より

… 問屋運上港,河岸,町場などの各種問屋に課すものがあった。 酒運上年(元禄10)創設,酒の消費抑制のため一時期課したもの。 紙漉(かみすき)運上紙漉業者に対して紙船(紙をすく箱)の数に応じて課すもの。…

※「酒運上」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

酒運上の関連キーワード天領私領

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android