コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒造税 シュゾウゼイ

デジタル大辞泉の解説

しゅぞう‐ぜい〔シユザウ‐〕【酒造税】

明治29年(1896)の酒造税法によって、酒類の製造者に課された税。昭和15年(1940)酒税に改められた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

酒造税の関連キーワードウィスキー一揆壺銭・壷銭渡辺国武酒運上壺銭

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android