酒屋役(読み)さかややく

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酒屋役
さかややく

酒屋に賦課された課役。中世京都では三つの課役が知られる。最も有名なのは室町幕府が1393年(明徳4)以降、月役として賦課した酒屋役で、酒屋1軒に対し平均1貫500文宛、酒壺ごとに賦課された。これによって、それまで酒屋の多くが権門(けんもん)寺社の神人(じにん)・寄人(よりうど)などとして保持していた特権は失われることとなった。他の二つは朝廷が賦課した酒麹(さけこうじ)役と山門(延暦寺(えんりゃくじ))が賦課した酒麹役上分銭(じょうぶんせん)である。前者は造酒正(さけのかみ)中原(押小路(おしこうじ))家が本司(ほんし)分、広橋家が朝要(ちょうよう)分を納入させたものである。酒麹役上分銭は、1444年(文安元)以降に麹の製造をめぐって北野西京(にしのきょう)神人との訴訟の結果、山門に納入されることとなった。

[河内将芳]

『小野晃嗣著『日本産業発達史の研究』(1981・法政大学出版局)』『河内将芳著『中世京都の民衆と社会』(2000・思文閣出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

酒屋役【さかややく】

室町時代,酒屋に課された営業税。1347年新日吉(いまひえ)社造営料として臨時に課されたのが初見。まもなく洛中屋に対し朝廷の造酒正(さけのかみ)から酒麹役(酒壺役)が恒常的に賦課された。一方幕府も1393年に洛中辺土に一律に酒屋役(酒壺別にかける生産営業税)を賦課した。酒屋の毎月平均納税額1貫500文,幕府の年収は約5400貫で,重要な財源であった。後には請酒(うけさけ)という小売業者などにも課税した。なお荘園領主諸大名も酒屋役を徴した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さかや‐やく【酒屋役】

〘名〙 室町幕府が酒造業者に課した税。酒屋の酒壺数を単位として課税し、土倉役と共に幕府財政の大きな財源であった。酒壺銭(さかつぼせん)、酒役(さかやく)などともいう。
※内閣文庫本建武以来追加‐明徳四年(1393)一一月二六日「洛中辺土散在土倉并酒屋役条々」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

酒屋役
さかややく

室町幕府が酒屋に課した税
酒屋は高利貸も兼ね京都経済界を握っていたが,1393(明徳4)年将軍足利義満が醸造壺数に応じて課税。以来土倉役と並び御料所の少ない幕府の重要財源となった。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さかややく【酒屋役】

中世において酒屋に課された営業税。京都をはじめとする都市の酒屋に税を課すことは,鎌倉時代に朝廷ではたびたび論議された。しかし京中の酒屋が山門支配下にあるものが多いことから実現に至らず,1347年(正平2∥貞和3)に新日吉社造営料として臨時課役の初見を見る。恒例課役としては,貞治年中(1362‐68)造酒正(みきのかみ)申請の酒麴売課役が認められ,2万疋(200貫)が朝廷に納される約束となっていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報