コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒屋役 サカヤヤク

5件 の用語解説(酒屋役の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さかや‐やく【酒屋役】

室町時代、幕府が造り酒屋に課した税。倉役(くらやく)とともに幕府の大きな財源になった。酒役。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

酒屋役【さかややく】

室町時代,酒屋に課された営業税。1347年新日吉(いまひえ)社造営料として臨時に課されたのが初見。まもなく洛中酒屋に対し朝廷の造酒正(さけのかみ)から酒麹役(酒壺役)が恒常的に賦課された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さかややく【酒屋役】

中世において酒屋に課された営業税。京都をはじめとする都市の酒屋に税を課すことは,鎌倉時代に朝廷ではたびたび論議された。しかし京中の酒屋が山門支配下にあるものが多いことから実現に至らず,1347年(正平2∥貞和3)に新日吉社造営料として臨時課役の初見を見る。恒例課役としては,貞治年中(1362‐68)造酒正(みきのかみ)申請の酒麴売課役が認められ,2万疋(200貫)が朝廷に進納される約束となっていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さかややく【酒屋役】

室町幕府が酒屋に課した税。倉役(土倉役)とともに幕府の重要財源。酒役。 → 倉役

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酒屋役
さかややく

酒屋に賦課された課役。中世京都では三つの課役が知られる。最も有名なのは室町幕府が1393年(明徳4)以降、月役として賦課した酒屋役で、酒屋1軒に対し平均1貫500文宛、酒壺ごとに賦課された。これによって、それまで酒屋の多くが権門(けんもん)寺社の神人(じにん)・寄人(よりうど)などとして保持していた特権は失われることとなった。他の二つは朝廷が賦課した酒麹(さけこうじ)役と山門(延暦寺(えんりゃくじ))が賦課した酒麹役上分銭(じょうぶんせん)である。前者は造酒正(さけのかみ)中原(押小路(おしこうじ))家が本司(ほんし)分、広橋家が朝要(ちょうよう)分を納入させたものである。酒麹役上分銭は、1444年(文安元)以降に麹の製造をめぐって北野西京(にしのきょう)神人との訴訟の結果、山門に納入されることとなった。[河内将芳]
『小野晃嗣著『日本産業発達史の研究』(1981・法政大学出版局) ▽河内将芳著『中世京都の民衆と社会』(2000・思文閣出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

酒屋役の関連キーワード営業税倉役事業税目銭紺屋役本役役銭請酒屋鎰役実働営業職員

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone