コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒鮨 サケズシ

デジタル大辞泉の解説

さけ‐ずし【酒×鮨】

鹿児島県の郷土料理。地酒と塩で調味した鮨飯と各種の具とを、琉球塗の鮨桶(すしおけ)に交互に詰め、3時間ほど軽く重石(おもし)をかけたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さけずし【酒鮨】

酒を合わせた飯と、エビ・イカ・フキ・錦糸卵などの具を桶に交互に詰め、数時間発酵させて作る鹿児島県の郷土料理。薩摩ずし。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

さけずし【酒鮨】


鹿児島の郷土料理で、酢を使わずに甘口の地酒と塩を用いてすし飯を作る押しずし。具はいか・えび・かまぼこ・ふき・たけのこ・しいたけ・錦糸卵など。にすし飯と具を交互に重ね、軽く重しをして3~4時間寝かせる。薩摩藩島津家で宴会の残り料理と酒を桶にいっしょに入れておいたところ、翌朝よい香りがしたことからはじまったと伝えられる。◇「薩摩ずし」ともいう。

出典|講談社日本の郷土料理がわかる辞典について | 情報

酒鮨の関連キーワード鹿児島県

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android