コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酪酸発酵

2件 の用語解説(酪酸発酵の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

酪酸発酵

 酪酸を生じる発酵.絶対嫌気性条件で行われる.副生物としてプロピオン酸ブタノールプロパノールなどがある.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酪酸発酵
らくさんはっこう

酪酸菌の作用によって炭水化物から酪酸を生成し、同時に炭酸ガスと水素ガスを生ずる発酵をいう。その反応は次式で表される。

 酪酸発酵は絶対嫌気性菌の酪酸菌(クロストリジウムClostridium butyricum)などによって行われるが、細菌の種類や反応条件によってはアセトン、ブタノール、エタノール(エチルアルコール)、乳酸なども生ずる。
 酪酸発酵の基本経路は、炭水化物からピルビン酸まではエムデン‐マイヤーホーフ‐パルナス経路で進み、その後酢酸を経て酪酸を生ずると考えられている。また、発酵容器内の一酸化炭素分圧の増大や、青酸カリKCNなどの毒物で酪酸発酵の過程を阻害すると、乳酸が生じ、乳酸発酵へ切り替わることが知られている。[伊藤莪]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の酪酸発酵の言及

【アセトンブタノール発酵】より

…生産菌が酸素によって死滅する性質を有するため,本発酵は無酸素の条件下で行われる。生産物の比率は菌の種類,発酵条件を選択することによって変化し,主として酪酸を生成するようにすることも可能であり,その場合には酪酸発酵と称される。19世紀末に発見されてから溶剤,燃料など化学工業原料の製造法として一時期大規模に実施されたが,石油化学工業の勃興と同時に消失した。…

※「酪酸発酵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

酪酸発酵の関連キーワード発酵嫌気性細菌酪酸菌アセトン-ブタノール発酵グルコン酸発酵嫌気的発酵嫌気発酵好気発酵偏性嫌気性菌有機酸発酵

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone