コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酸ヶ湯[温泉] すかゆ

百科事典マイペディアの解説

酸ヶ湯[温泉]【すかゆ】

青森県青森市の南東部,八甲田大岳の西麓にある国民保養温泉。江戸時代には酢ヶ湯とみえ,湯治客も多かった。含石膏酸性硫化水素泉など。50〜60℃。皮膚病などに効能があるとされ湯治客が多い。
→関連項目青森[市]八甲田山

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すかゆ【酸ヶ湯[温泉]】

青森県中央部,八甲田連峰の主峰大岳(1585m)の西側の標高約900mの高地にある温泉。青森市に属する。酸性硫黄泉,70~98℃。手負いシカが傷をいやしたと伝えられることから,古くは〈鹿の湯〉と呼ばれたが,強酸性のため酸ヶ湯に改められたといわれる。湯治客が多く,1954年には国民温泉第1号の指定をうけ,温泉療法の研究を目的とする弘前大学医学部温泉研究所も設けられている。付近一帯は十和田八幡平(はちまんたい)国立公園に含まれ,地獄沼や東北大学高山植物研究所付属植物園がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android