コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八甲田山 はっこうださん

8件 の用語解説(八甲田山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八甲田山
はっこうださん

青森県中央部にある火山群。那須火山帯に属し,最高峰は八甲田大岳 (1584m) 。また高田大岳 (1551m) ,井戸岳 (1550m) ,田茂萢 (たもやち) 岳 (1324m) などから成る北八甲田と櫛ヶ峰 (1517m) ,乗鞍岳 (1450m) ,駒ヶ峰 (1416m) などから成る南八甲田に区分される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はっこうだ‐さん〔ハツカフだ‐〕【八甲田山】

青森県中部の火山群。十和田湖の北にあり、最高峰の標高1585メートルの大岳をはじめ、小岳・横岳・櫛(くし)ヶ峰・駒ヶ峰・乗鞍岳などが連なる。温泉も多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

八甲田山【はっこうださん】

青森県中央部,奥羽山脈上の活火山群。陥没カルデラの南西部に噴出した安山岩からなる火山錐・溶岩丘群で,最高峰八甲田大岳(1585m)を主峰とする火山群と南の櫛ヶ峰(1517m)を中心とする火山群に分かれる
→関連項目青森[県]青森[市]奥羽山脈十和田[市]十和田湖[町]日本百名山

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

八甲田山

1977年公開の日本映画。監督:森谷司郎、原作:新田次郎、脚本:橋本忍、撮影:木村大作。出演:高倉健、北大路欣也三國連太郎加山雄三島田正吾大滝秀治丹波哲郎ほか。第32回毎日映画コンクール日本映画ファン賞受賞。第1回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞(高倉健)ほか受賞。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

はっこうださん【八甲田山】

青森県中央部,十和田湖の北方にそびえる火山群。新第三紀層を基盤とし,大量の石英安山岩質の軽石流を噴出したのち生じたカルデラ上に,輝石安山岩を主に石英安山岩,流紋岩などからなる成層火山溶岩円頂丘が散在する。山群の中を西流する荒川と東流する蔦(つた)川の谷を境として北八甲田火山群南八甲田火山群に分けられる。 北八甲田火山群は南北に並ぶ前岳,田茂萢(たもやつ)岳(1324m),赤倉岳(1548m),井戸岳(1550m),大岳(1585m。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はっこうださん【八甲田山】

青森県中央部にある火山群。海抜1584メートルの大岳を中心とする北群と海抜1516メートルの櫛ヶ峰を中心とする南群とから成る。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔青森県〕八甲田山(はっこうださん)


青森県中央部、十和田(とわだ)湖の北方に噴出した火山群の総称。深田久弥(ふかだきゅう)「日本百名山」の一つ。大(おお)岳(標高1584m)を主峰とする北八甲田山群と、櫛ヶ峯(くしがみね)(同1516m)を主峰とする南八甲田山群に区分される。古い八甲田カルデラ内にまず南八甲田山群、ついで北八甲田山群が噴出したものとされる。山腹はブナ・アオモリトドマツ・ハイマツなどにおおわれ、南八甲田には湿原が発達、ミズゴケ・モウセンゴケ・ミズバショウなど湿生植物群落が茂る。一帯は十和田八幡平(はちまんたい)国立公園。田茂萢(たもやち)岳西腹の八甲田スキー場は代表的な山岳スキー場で、西麓(せいろく)から山頂近くまでロープウエーが通じる。山腹・山麓一帯には酸ヶ湯(すかゆ)・田代元湯(たしろもとゆ)・蔦(つた)温泉ほか温泉が多数点在。東北を代表する観光地の一つになっている。豪雪地帯として知られ、1902年(明治35)に青森歩兵第五連隊中の199名が訓練中に凍死した事故は名高い。新田次郎著『八甲田山死の彷徨(ほうこう)』は、同事件をモデルにしたもの。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八甲田山
はっこうださん

青森県のほぼ中央部にある火山群。北八甲田連峰と南八甲田連峰に分かれる。前者は主峰の大岳(1585メートル)のほか、前岳、田茂萢(たもやち)岳、赤倉岳、井戸岳、小(こ)岳、高田大岳、石倉岳の八峰があり、硫黄(いおう)岳、雛(ひな)岳を含めることもある。南八甲田連峰は主峰の櫛(くし)ヶ峰(1517メートル)のほか、乗鞍(のりくら)岳、駒(こま)ヶ峰、下(した)岳、猿倉岳、赤倉岳からなる。各火山はそれぞれ独立しているが、円錐(えんすい)状で山麓(さんろく)部が緩やかな裾野(すその)を引く山が多い。東に七戸(しちのへ)川、蔦(つた)川(奥入瀬(おいらせ)川)、北に荒川、駒込(こまごめ)川、西に浅瀬石(あせいし)川などが流下し、上流部には渓谷、滝をつくっている。植生は標高400~1000メートルではブナ林、それより上はアオモリトドマツなどの針葉樹林となり、頂上付近はガンコウラン、コケモモなどの高山植物、キンコウカ、ワタスゲなどの湿生植物が群生する。
 山麓には田代平(たしろたい)、萱野(かやの)高原などの高原があり放牧場となっている所もある。酸ヶ湯(すかゆ)、蔦など温泉も多い。両連峰間を青森―十和田(とわだ)間のバス道路が走り、田茂萢岳へはロープウェーが通じる。登山、ハイキング、春スキーなどを楽しむことができる。十和田八幡平(はちまんたい)国立公園域。なお、1902年(明治35)1月23日から25日にかけて、青森歩兵第五連隊第二大隊が八甲田山縦断雪中行軍中、田代平で猛吹雪により210人中199人が凍死する大惨事が起きた。[横山 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

八甲田山の関連キーワード十和田とわだ十和田湖温泉スキー場十和田市郷土館青森県十和田市相坂青森県十和田市大沢田青森県十和田市沢田十和田湖〈町〉青森県十和田市深持十和田正宗

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

八甲田山の関連情報