酸化物陰極(読み)さんかぶついんきょく(英語表記)oxide coated cathode

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「酸化物陰極」の解説

酸化物陰極
さんかぶついんきょく
oxide coated cathode

タングステンニッケルなどの上にアルカリ土類金属 (バリウム,ストロンチウムなど) の酸化物を塗布した陰極。熱電子管の陰極は低温で多くの電子が放出されるものが望ましい。タングステンのみを用いた陰極では電子がその物質から飛出すのに要するエネルギー (仕事関数という) が高いので,多数の電子を放出させるためには高温に熱する必要があるが,上記の酸化物を付着させると,酸化物が仕事関数の低いn型半導体として働くため,低温で豊富な電子放出が得られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android