コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酸化発酵 さんかはっこう oxidative fermentation

3件 の用語解説(酸化発酵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酸化発酵
さんかはっこう
oxidative fermentation

分子状酸素を用いて基質分子を部分的に分解し,エネルギーを取出す代謝反応の総称。呼吸の反応のように基質を完全に炭酸ガス水にするのではなく,部分的な酸化反応であって,産物の少くとも一部分有機化合物のままにとどまる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さんかはっこう【酸化発酵】

好気性微生物が酸素によって有機化合物を不完全酸化する発酵。エタノールからの酢酸の生成や、ブドウ糖からクエン酸・酒石酸を生ずる発酵はその例。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酸化発酵
さんかはっこう

微生物のエネルギー獲得の一形態で、有機物が酸素により不完全酸化を受け、代謝産物として不完全酸化物が多量に蓄積する発酵現象をいう。発酵はエネルギー獲得の原始的状態であり、酸素呼吸はもっとも進化した状態と考えられる。酸化発酵はこの中間にあり、発酵に比較すると、効率もよく進化した状態である。酢酸菌による酢酸発酵はその代表的な例であり、次式のように表すことができる。

 このほか、グルコースの不完全酸化によるグルコン酸、5-ケトグルコン酸をはじめとする不完全酸化生産物が蓄積する例があり、生成物の名を発酵の前につけて、グルコン酸発酵などとよぶ。これらは基質の酸化のみが関与しており一次的酸化発酵ともよばれ、普通、酸化発酵というときは、これをさす。広い意味での酸化発酵は、基質と著しく構造の異なる産物を生ずる二次的発酵を含む場合もある。[飯島康輝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の酸化発酵の言及

【発酵】より


[種類]
 無酸素状態で起こる典型的な発酵としては酵母によるアルコール発酵のほかに,乳酸菌による乳酸発酵,酪酸菌による酪酸発酵,同じ仲間の菌によるアセトンブタノール発酵,プロピオン酸菌によるプロピオン酸発酵,大腸菌による混合酸発酵などがある。一方,酢酸発酵は酢酸菌の酸化能によってエチルアルコールから酢酸が生成するもので,酸素の存在が必須であり,エネルギー獲得型式としての発酵の定義にはあてはまらないが,微生物の機能によって大量の物質が生成する点から同じように発酵と呼ばれ,とくに酸化発酵といわれたりすることがある。多くのカビが行う有機酸発酵やコリネ型細菌によるアミノ酸発酵も,それによってクエン酸,フマル酸などの有機酸やグルタミン酸などのアミノ酸の蓄積が起こるのには酸素が必要である。…

※「酸化発酵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

酸化発酵の関連キーワード酸化酵素分子容分子模型有機高分子好気呼吸好気代謝アミノ酸オキシダーゼグルコースオキシダーゼジオキシゲナーゼ分子状酸素

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

酸化発酵の関連情報