コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酸素呼吸 サンソコキュウ

大辞林 第三版の解説

さんそこきゅう【酸素呼吸】

酸素を必要とする呼吸。生物体の細胞内において、酸素の存在下で、有機物が分解され、エネルギーが生成される。 ↔ 無気呼吸

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酸素呼吸
さんそこきゅう

生物は脱水素反応で有機物を酸化分解し、生体に利用できる形すなわちATP(アデノシン三リン酸)としてエネルギーを獲得するが、その過程で有機物から奪った電子の最終受容体が酸素の場合、酸素呼吸という。真核生物は酸素呼吸を行うが、原核生物が行うアルコール発酵や乳酸発酵は酸素を必要としない無酸素呼吸である。このほか原核生物には、最終電子受容体として酸素を用いず、そのかわり硝酸塩や硫酸塩を用いるものがあり、その場合を硝酸呼吸や硫酸呼吸という。しかし、これらの原核生物も好気条件下では、これら硝酸塩や硫酸塩をさらに酸素を用いて酸化する酸素呼吸を行う。[嶋田 拓]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の酸素呼吸の言及

【好気性菌】より

…好気性菌は,遊離酸素を利用し,基質を酸化することによって能率よくエネルギーを得ることができる。このようなエネルギー獲得の形式を酸素呼吸と呼び,細菌がもっているチトクロム酵素系の働きによっている。好気性菌のなかで,酸素がないとまったく生育できないものを偏性好気性菌と呼ぶ。…

【呼吸】より

…(3)さらに広義には,アルコール発酵や解糖のように,外から最終電子受容体の供給がなくても,基質から生じた化合物の間で酸化還元が行われ,この過程でATPが生成される場合をも含む。この場合を無酸素呼吸,無気呼吸,嫌気呼吸,または分子間呼吸といい,これに対し(1)の場合を酸素呼吸または好気呼吸という。 呼吸の強さを知るには,酸素消費量または二酸化炭素放出量を測定すればよい。…

※「酸素呼吸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

酸素呼吸の関連キーワード酸化的リン酸化TCA 回路好気性細菌細胞質遺伝鉱山救護隊保安用機器呼吸保護具TCA回路電子伝達坑内火災内部寄生酸化発酵嫌気呼吸人工血液ガス交換好気性菌連鎖球菌生物界除草剤救命器

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

酸素呼吸の関連情報