コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酸素呼吸 サンソコキュウ

3件 の用語解説(酸素呼吸の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さんそ‐こきゅう〔‐コキフ〕【酸素呼吸】

酸素の消費を伴う呼吸。最も一般的な呼吸法で、呼吸物質として多くは糖が用いられ、酸化分解され、発生するエネルギーは大きい。好気呼吸好気代謝有気呼吸。→無気呼吸

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酸素呼吸
さんそこきゅう

生物は脱水素反応有機物を酸化分解し、生体に利用できる形すなわちATPアデノシン三リン酸)としてエネルギーを獲得するが、その過程で有機物から奪った電子の最終受容体が酸素の場合、酸素呼吸という。真核生物は酸素呼吸を行うが、原核生物が行うアルコール発酵乳酸発酵は酸素を必要としない無酸素呼吸である。このほか原核生物には、最終電子受容体として酸素を用いず、そのかわり硝酸塩や硫酸塩を用いるものがあり、その場合を硝酸呼吸硫酸呼吸という。しかし、これらの原核生物も好気条件下では、これら硝酸塩や硫酸塩をさらに酸素を用いて酸化する酸素呼吸を行う。[嶋田 拓]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の酸素呼吸の言及

【好気性菌】より

…好気性菌は,遊離酸素を利用し,基質を酸化することによって能率よくエネルギーを得ることができる。このようなエネルギー獲得の形式を酸素呼吸と呼び,細菌がもっているチトクロム酵素系の働きによっている。好気性菌のなかで,酸素がないとまったく生育できないものを偏性好気性菌と呼ぶ。…

【呼吸】より

…(3)さらに広義には,アルコール発酵や解糖のように,外から最終電子受容体の供給がなくても,基質から生じた化合物の間で酸化還元が行われ,この過程でATPが生成される場合をも含む。この場合を無酸素呼吸,無気呼吸,嫌気呼吸,または分子間呼吸といい,これに対し(1)の場合を酸素呼吸または好気呼吸という。 呼吸の強さを知るには,酸素消費量または二酸化炭素放出量を測定すればよい。…

※「酸素呼吸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

酸素呼吸の関連情報