コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

醇親王載澧 じゅんしんおうさいほうChun-qin-wang Zai-feng; Ch`un-ch`in-wang Tsai-fêng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

醇親王載澧
じゅんしんおうさいほう
Chun-qin-wang Zai-feng; Ch`un-ch`in-wang Tsai-fêng

[生]光緒9(1883)
[没]1951
中国,清末の宗室。醇親王奕かんの第5子。光緒帝の異母弟。光緒 16 (1891) 年に父が死ぬと,若くして醇親王を世襲。同 27年,ドイツの要求により義和団事変の対ドイツ謝罪使節としてベルリンにおもむいた。西太后信任を得,要職にあって太后を助けた。同 34年,子の溥儀 (ふぎ) が宣統帝として即位すると監国摂政王となり,清朝集権体制の再建と立憲準備の推進に努めたが,辛亥革命の勃発により引退した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

醇親王載澧の関連キーワード新藤兼人電気事業斎藤寅次郎市川崑ミネリ(Vincente Minnelli)木下恵介久松静児マキノ雅広サンフランシスコ・ジャイアンツANZUS条約

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android