釈氏(読み)シャクシ

精選版 日本国語大辞典の解説

しゃく‐し【釈氏】

[1] 釈迦。釈尊在俗時の氏姓。また、その教え。
※万葉(8C後)五・悲歎俗道仮合即離易去難留詩序「竊以 釈慈之示教〈謂釈氏慈氏〉先開三帰〈謂依仏法僧〉五戒 而化法界」 〔晉書‐何充伝〕
[2] 〘名〙 =しゃくし(釈子)
※聖徳太子伝暦(917頃か)上「吾死之後二百五十年。有一釈氏。修行崇道。建此寺地
※評判記・色道大鏡(1678)一四「俗体すらかかる法なり、況釈氏(シャクシ)においてをや」 〔韋応物‐春月観省属城始憩東西林精舎詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の釈氏の言及

【道安】より

…しかし,クマーラジーバの中国入りが実現するのは道安没後の401年のことで,両者が相会する機会はついになかった。仏僧が釈尊の弟子として釈氏を姓とするのは道安に始まる。【愛宕 元】。…

※「釈氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android