(読み)シャク

デジタル大辞泉の解説

しゃく【釈】

文章や語句の意味の解釈。
講釈講談のこと。また、その演者講釈師

釈迦(しゃか)のこと。また、仏教に帰依したことを表すためが名の上につける
真宗で、法名の上につける語。

しゃく【釈〔釋〕】[漢字項目]

常用漢字] [音]シャク(呉) [訓]とく とける
固まりやしこりがばらばらに解ける。「釈然稀釈(きしゃく)氷釈
わかりにくい事柄や文章を解きほぐして述べる。「釈義釈明会釈(えしゃく)解釈訓釈語釈講釈注釈評釈
拘束していたものを解き放つ。「釈放保釈
釈迦(しゃか)のこと。「釈教釈氏釈尊
[名のり]とき

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しゃく【釈】

〘名〙
① 文章や語句の意味をとき明かすこと。また、その文。
※往生要集(984‐985)大文一〇「上品之人、階位設深、下品三生、豈非我等耶。況彼後釈、既取十信以前凡夫、為上品三
※日蓮遺文‐持妙法華問答鈔(1263)「面々各々に教門をしつらひ、釈を作り、義を立て証得菩提を志す」
② 講釈すること。講談などを語ること。また、その人。講釈師。
※浮世草子・近代艷隠者(1686)三「半鐘の声きこへて、老翁も釈(シャク)をやむれば」
③ (釈迦牟尼(しゃかむに)の「釈」の字をとっていう語) 仏語。
(イ) 昔、出家が釈迦の弟子であることを表わすために姓として用いた語で、「釈家」「釈氏」などと熟字する。また、転じて、僧侶。または仏教、仏門。
※霊異記(810‐824)上「釈義覚は本(もと)百済の人なり」
(ロ) 真宗で、死者の法名の上につける語。
※浄瑠璃・女殺油地獄(1721)下「しゃくのめうい、三十五日おたいやの心ざし」

しゃく‐・す【釈】

〘他サ変〙 注釈・解釈する。
※百座法談(1110)三月二四日「阿彌陀経、此経を我祖師慈恩大師方等経の印鏡と尺したまへり」
※太平記(14C後)二一「歌の心を釈(シャク)しければ」

せき‐・す【釈】

〘他サ変〙 ときあかす。説明する。解釈する。しゃくする。
※妙貞問答(1605)中「孔子の随て是を釈(セキ)するをも、通じて是を彖と申侍」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報