里村昌通(読み)さとむら しょうつう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

里村昌通 さとむら-しょうつう

1615-1679 江戸時代前期の連歌師。
元和(げんな)元年生まれ。里村昌琢(しょうたく)の子。分家の里村昌俔(しょうけん)の跡をつぐ。承応(じょうおう)2年「昌俔三回忌追善百韻」などに出座した。延宝7年11月12日死去。65歳。名は景則。別号に祖白。編著に「祖白発句帳」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android