コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

里村玄碩 さとむら げんせき

1件 の用語解説(里村玄碩の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

里村玄碩 さとむら-げんせき

1760/62-1821 江戸時代中期-後期の連歌師。
宝暦10/12年生まれ。豊前(ぶぜん)小倉(福岡県),一説に豊前宇佐郡(大分県)の人。和歌を日野資枝(すけき)に,連歌を里村昌逸にまなぶ。寛政12年里村玄川の養子となり,里村北家をつぐ。享和元年幕府の連歌師範となり,文政4年法橋(ほっきょう)。「後集発句帳」を編集した。文政4年2月17日死去。60/62歳。本姓は渡辺。名は綱峰。字(あざな)は子謙。通称は治郎兵衛。別号に染習園,急雨亭,魚竜。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

里村玄碩の関連キーワード山県周南前古典派音楽石原正明石原正明内山真竜松浦静山山片蟠桃石原正明石原正明随筆

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone