コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

里村玄陳 さとむら げんちん

美術人名辞典の解説

里村玄陳

江戸前期の連歌師。泉州堺の人。玄仍の長男。号は一翁・徳臨庵。連歌においては出藍の誉高く、法眼に叙せられた。また画書の才能にも恵まれた。寛文5年(1665)歿、75才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

里村玄陳 さとむら-げんちん

1591-1665 江戸時代前期の連歌師。
天正(てんしょう)19年生まれ。里村玄仍(げんじょう)の長男。慶長14年安芸(あき)広島藩主福島正則の和漢連句の作者にくわわるなど,おおくの連歌会に出席した。画もよくし,和泉(いずみ)(大阪府)堺にすんだ。法眼。寛文5年1月5日死去。75歳。別号に一翁。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

里村玄陳の関連キーワード里村玄的天正