コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

里見義氏 さとみ よしうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

里見義氏 さとみ-よしうじ

?-1337 鎌倉-南北朝時代の武将。
正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年新田義貞(よしさだ)にしたがって鎌倉攻めに参加。その後,里見時成(ときなり)らとともに各地で足利尊氏とたたかうが,越前(えちぜん)(福井県)金ケ崎城の戦いで敗れ,建武(けんむ)4=延元2年3月6日自刃(じじん)。通称は大炊助(おおいのすけ)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

里見義氏の関連キーワード南北朝時代正慶

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android