銘酒屋(読み)メイシュヤ

世界大百科事典 第2版の解説

めいしゅや【銘酒屋】

明治~昭和時代の私娼(ししよう)屋の一形態。飲酒店を装いながら,数名の私娼を抱えて店裏の小部屋で売春させた。1885年ころ横浜で外国人相手に開いたコップ酒屋が,銘酒店として古いものであろう。その後,東京をはじめ各地に広がり,1916年には東京市内に約1200軒を数えたが,その半数は浅草公園の俗称〈十二階下〉一帯にあって有名であった。これに対し明治末期から警察は取締りを強化し,銘酒屋側も店種を変えて抵抗したが,ついに亀戸,玉ノ井へ移転させられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

めいしゅや【銘酒屋】

表向きは飲み屋を装い、ひそかに私娼を置いて売春させた店。明治中期以降、東京を中心に広まった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

銘酒屋
めいしゅや

一般には銘柄品の清酒を売る店をさすが、明治中期~昭和前期に東京を中心に営業した飲食店形式の私娼(ししょう)屋も銘酒屋といった。表向き銘酒を飲ませる体裁をとったからであるが、のちには飲食の設備のない店が多かった。酌婦(しゃくふ)を置く料理屋もこれに準じる。一店に娼婦1、2人で、店主が娼婦を兼ねる例もあった。東京では浅草の十二階下、そこから1918年(大正7)ごろ移転した玉の井・亀戸(かめいど)が有名であった。[原島陽一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

めいしゅ‐や【銘酒屋】

〘名〙
① 銘酒を置いている家。名の通った銘柄の酒を、売ったり飲ませたりする店。銘酒店。
② 銘酒を売っているという看板をあげて、ひそかに売春をさせた下等な遊女屋。明治時代から大正時代にかけて見られた。銘酒店。
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉ハイカラ紳士「ブリュッセルの或る咖啡店(カフェー)の女━咖啡店の女だって日本の銘酒屋の婦(ねえ)さんとは違ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の銘酒屋の言及

【赤線・青線】より

…太平洋戦争中までは,明治以来,許可された売春婦すなわち公娼を置いて売春をさせる店を一区域内に集めて遊郭といった。黙認されている私娼を集めて売春させる店は明治中期から銘酒屋と称して集落を作らされた。遊郭の建物は大きかったが,銘酒屋は3部屋ぐらいの小住宅の形式であった。…

※「銘酒屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android