菊花賞(読み)きっかしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

菊花賞
きっかしょう

中央競馬のいわゆるクラシック競走の一つ。毎年秋に京都競馬場で行なわれる。出走馬はサラブレッド系 3歳の牡馬牝馬で,距離はクラシック競走のうち最も長い 3000m,負担重量は馬齢重量で牡馬 57kg,牝馬 55kg。イギリスのドンカスターにある,ドンカスター競馬場で行なわれるセントレジャー・ステークスに範をとり,1938年京都農林省賞典4歳呼馬として創設され,1948年に現在の名称に変更された。1944,1945年は中止。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きくか‐しょう〔キククワシヤウ〕【菊花賞】

日本の競馬の五大クラシックレースの一。毎年10月に、京都競馬場でサラブレッド3歳馬によって行われる。走行距離は3000メートル。きっかしょう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きくかしょう【菊花賞】

イギリスのセントレジャー競走を範とし、毎年秋にサラブレッド系三歳馬によって行われる競馬のクラシック-レース。距離3000メートル。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の菊花賞の言及

【競馬】より

…特別競走は欧米におけるステークスレースの流れをくみ,出走馬の馬主から特別登録料を徴収し,それを賞金の一部にあてるもので,このうちとくに賞金の高いものを重賞競走といい,年間約100レースが行われている。さらにその中でもとくに有名なレースとして4歳馬の五大クラシックレース(桜花賞,皐月賞,優駿牝馬=オークス,東京優駿=ダービー,菊花賞)があり,これに春秋2回の5歳馬以上(古馬)による天皇賞,4歳馬以上の有馬記念を加え,八大競走と呼んでいる。五大クラシックレースはいずれもイギリスのクラシックレースに範をとったもので,オークス,ダービーのほか,桜花賞は1000ギニー,皐月賞は2000ギニー,菊花賞はセントレジャーによる(表1)。…

※「菊花賞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

菊花賞の関連情報