コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有馬記念 ありまきねん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有馬記念
ありまきねん

中央競馬重賞競走の一つ。ファン投票によって出走馬(3歳以上)が選出される競走で,クラシック競走天皇賞などと並ぶ呼び物競走として知られる。毎年 12月下旬に中山競馬場で行なわれ,距離 2500m (1965年までは 2600m) ,負担重量は 3歳 55kg,4歳以上 57kg,牝馬は各 2kg減。1956年中山グランプリとして創設されたが,創設者である日本中央競馬会理事長の有馬頼寧死去に伴い,翌 1957年にその名を冠した現在の名称に変更された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

有馬記念

毎年12月に中山競馬場で行われる、日本中央競馬会(JRA)のGⅠレース。
中山競馬場では年末の目玉のレースとして「中山大障害」が開催されていたが、新しいスタンドが完成したことを契機に、東京競馬場で開催されている日本ダービーのような華やかなレースを開催しようと、当時の日本中央競馬会理事長、有馬頼寧の発案で創設された。初開催は、1956年12月23日。芝・内回りコースの2600メートルで、当初の名称は「中山グランプリ」。出走馬の選考方式にファン投票を導入したのは画期的であった。初開催直後の57年1月9日、有馬理事長が急逝したことから、その功績をたたえ、「有馬記念」と改称されて現在に至っている。
60年には芝・外回りコースに変更され、66年からは芝・内回りの2500メートルに変更された。71年からは混合競走となって、外国産馬(外国で生まれた馬)の出走が可能となり、95年からは地方競馬からの出走も可能となった。2000年から06年まで、外国馬(外国調教師の管理馬)は同年のジャパンカップ優勝馬のみ出走可能であったが、07年からは国際競走に指定され、外国馬6頭まで出走可能となった。初開催から60余年の現在も、中央競馬の一大イベントとして年末の風物詩となっている。
優勝馬のなかには、第14回(69年)、15回(70年)を連覇したスピードシンボリ、第21回(76年)と22回(77年)でライバルとして争ったトウショウボーイテンポイント(第21回はトウショウボーイ優勝、第22回はテンポイント優勝)、29回(84年)と30回(85年)を連覇して皇帝と呼ばれたシンボリルドルフ、引退レースで2回目の優勝を飾ったオグリキャップ(33回88年、35回90年優勝)など多くの名馬がいる。
第61回有馬記念は16年12月25日に開催された。優勝賞金は3億円。大野商事(代表は演歌歌手の北島三郎)が所有し11月のジャパンカップを制したキタサンブラックが、13万7353票を集めてファン投票1位になっていたが2着に終わり、同年秋の菊花賞馬でクリストフ・ルメールが騎乗した単勝1番人気のサトノダイヤモンドが優勝した。

(葛西奈津子 フリーランスライター/2016年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

ありま‐きねん【有馬記念】

日本の競馬の重賞レースの一。ファン投票によって選ばれた馬を中心に、毎年12月に行われる。元農相の有馬頼寧(よりやす)を記念して命名。有馬記念競走。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ありまきねん【有馬記念】

サラブレッド三歳馬以上による競馬の重賞レース。ファン投票で選ばれたその年の人気馬を中心に毎年12月末に行われる。距離2500メートル。有馬頼寧よりやすを記念。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

有馬記念の関連キーワード恋と伯爵と大正デモクラシー/有馬頼寧日記1919福岡県久留米市篠山町シルクジャスティスシンボリクリスエスマンハッタンカフェヴィクトワールピサダイワスカーレットドリームジャーニーテイエムオペラオーナリタブライアンリユウフオーレルマヤノトップガントウカイテイオーオリビエ ペリエアンバーシャダイオンワードゼアオルフェーヴルグリーングラスナイスネイチャゼンノロブロイ

有馬記念の関連情報