コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野口赫宙 のぐち かくちゅう

1件 の用語解説(野口赫宙の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野口赫宙 のぐち-かくちゅう

1905-1997 昭和-平成時代の小説家。
明治38年10月13日朝鮮大邱生まれ。昭和7年朝鮮の小作農の苦闘をえがいた「餓鬼道」が「改造」の懸賞小説に当選する。野口桂子と結婚し,戦後の27年日本国籍を取得。平成9年死去。92歳。大邱高等普通学校卒。本名は野口稔。別名に張赫宙(チヤン-ヒヨクチユ)。作品はほかに「追はれる人々」「嗚呼(ああ)朝鮮」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の野口赫宙の言及

【張赫宙】より

…被圧迫民族の怒りと抵抗を骨太な筆致で描いたが,39年《加藤清正》で自国への侵略者を英雄として賛美し,〈朝鮮の知識人に訴ふ〉,《岩本志願兵》などで日本帝国主義の〈皇民化〉政策に荷担した。52年日本に帰化,筆名を野口赫宙とした。作品集《権といふ男》(1934),長編《人間の絆》(1941),《嗚呼朝鮮》(1952)などがある。…

※「野口赫宙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

野口赫宙の関連キーワード重兼芳子杉森久英三田誠広石和鷹渋川驍竹内泰宏松田解子横関大横山美智子今村夏子

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone