コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野口赫宙 のぐち かくちゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野口赫宙 のぐち-かくちゅう

1905-1997 昭和-平成時代の小説家。
明治38年10月13日朝鮮大邱生まれ。昭和7年朝鮮の小作農の苦闘をえがいた「餓鬼道」が「改造」の懸賞小説に当選する。野口桂子と結婚し,戦後の27年日本国籍を取得。平成9年死去。92歳。大邱高等普通学校卒。本名は野口稔。別名に張赫宙(チヤン-ヒヨクチユ)。作品はほかに「追はれる人々」「嗚呼(ああ)朝鮮」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の野口赫宙の言及

【張赫宙】より

…被圧迫民族の怒りと抵抗を骨太な筆致で描いたが,39年《加藤清正》で自国への侵略者を英雄として賛美し,〈朝鮮の知識人に訴ふ〉,《岩本志願兵》などで日本帝国主義の〈皇民化〉政策に荷担した。52年日本に帰化,筆名を野口赫宙とした。作品集《権といふ男》(1934),長編《人間の絆》(1941),《嗚呼朝鮮》(1952)などがある。…

※「野口赫宙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

野口赫宙の関連キーワード日露戦争史(年表)[各個指定]芸能部門[各個指定]工芸技術部門ロシア革命香港映画スペイン映画ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)黒沢清ホンダ・インターナビASEAN

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android