野崎一(読み)のざき ひとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野崎一 のざき-ひとし

1922- 昭和後期-平成時代の合成化学者。
大正11年1月1日生まれ。昭和38年京大教授となる。60年岡山理大教授。珪素,錫(すず),ゲルマニウムなどの有機金属化合物を反応剤として天然香料の合成などに利用し,すぐれた成果をあげた。61年「有機金属化合物を用いる化学合成法への貢献」で学士院賞。岡山県出身。京都帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

野崎一の関連情報