コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野崎万三郎 のざき まんざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野崎万三郎 のざき-まんざぶろう

1839-1910 明治時代の官吏。
天保(てんぽう)10年1月11日生まれ。明治3年大庄屋役から岡山藩郷佐役となり,農地租税制度の改革(悪田畑改正)を建議,推進した。廃藩置県後,岡山県庁にはいり収税長,書記官などを歴任。26年退官し,岡山県農工銀行,備作恵済会などの設立につくした。明治43年2月8日死去。72歳。備前(岡山県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

野崎万三郎の関連キーワードタンジマート新聞小説新宮凉庭三遊亭円朝(初代)ギュルハネ勅令アメリカ音楽茶室一覧田岡嶺雲アフリカ神話桂太郎内閣