野情(読み)ヤジョウ

  • やじょう ‥ジャウ
  • やじょう〔ジヤウ〕

デジタル大辞泉の解説

自然のままの趣。田舎の風情。野趣。また、無風流な心。
「吝嗇(りんしょく)―の人なりとて、爪(つま)はじきをして」〈読・雨月・貧福論〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 田舎らしい風情。ひなびた気分。また、粗野な心情。野趣。
※菅家文草(900頃)四・書懐奉呈諸詩友「公事聞人談説得、野情趁我寂寥来」
※読本・雨月物語(1776)貧福論「吝嗇野情(ヤジャウ)の人なりとて、爪はぢきをして悪みけり」 〔白居易‐早春西湖閑游詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android