野情(読み)ヤジョウ

デジタル大辞泉の解説

や‐じょう〔‐ジヤウ〕【野情】

自然のままの趣。田舎の風情。野趣。また、無風流な心。
「吝嗇(りんしょく)―の人なりとて、爪(つま)はじきをして」〈読・雨月・貧福論〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やじょう【野情】

田舎らしい素朴な風情。野趣。
田舎に住む人の心。 吝嗇-の人なりとて、爪はぢきをして悪みけり/読本・雨月 貧福論

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

や‐じょう ‥ジャウ【野情】

〘名〙 田舎らしい風情。ひなびた気分。また、粗野な心情。野趣。
※菅家文草(900頃)四・書懐奉呈諸詩友「公事人談説得、野情趁我寂寥来」
※読本・雨月物語(1776)貧福論「吝嗇野情(ヤジャウ)の人なりとて、爪はぢきをして悪みけり」 〔白居易‐早春西湖閑游詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android