コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野本三吉 のもと さんきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野本三吉 のもと-さんきち

1941- 昭和後期-平成時代の教育評論家。
昭和16年11月30日生まれ。昭和47年横浜市役所にはいる。寿生活館を拠点に日雇い労働者の生活相談にあたる一方,ミニコミ誌「生活者」を独力で発行。49年「裸足の原始人たち」で日本ノンフィクション賞。平成7年横浜市立大教授。14年より沖縄大教授。東京出身。横浜国大卒。本名は加藤彰彦。著作はほかに「不可視コミューン」「子どものいる風景」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

野本三吉の関連キーワード児童心理学昭和

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android