コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野本三吉 のもと さんきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野本三吉 のもと-さんきち

1941- 昭和後期-平成時代の教育評論家。
昭和16年11月30日生まれ。昭和47年横浜市役所にはいる。寿生活館を拠点に日雇い労働者の生活相談にあたる一方,ミニコミ誌「生活者」を独力で発行。49年「裸足の原始人たち」で日本ノンフィクション賞。平成7年横浜市立大教授。14年より沖縄大教授。東京出身。横浜国大卒。本名は加藤彰彦。著作はほかに「不可視コミューン」「子どものいる風景」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

野本三吉の関連キーワード児童心理学昭和

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android