コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野村一郎 のむら いちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野村一郎 のむら-いちろう

1832-1879 幕末-明治時代の公共事業家,茶業家。
天保(てんぽう)3年11月3日生まれ。駿河(するが)西比奈村(静岡県富士市)の名主。村内をながれる富士川水系沼川の治水につくし,また慶応2年吉原湊口に防潮堤を完成させた。明治初年,富士と愛鷹(あしたか)両山の間の原野に茶園をひらいて製茶工場を建設,製茶法の改良にもつとめた。明治12年8月18日死去。48歳。通称は吉兵衛。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

野村一郎の関連キーワードおもなお雇い外国人ハモンドアービング(Washington Irving)ハモンドバルザックジョン・L.L.B. ハモンドノルデンシェルド日本の医学史(年表)チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)ボアボードラン

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone