コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野村立栄 のむら りゅうえい

2件 の用語解説(野村立栄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野村立栄 のむら-りゅうえい

1751-1828 江戸時代中期-後期の蘭方医。
寛延4年1月7日生まれ。長崎で吉雄耕牛(よしお-こうぎゅう)に師事し,尾張(おわり)名古屋で開業。のち,名古屋藩の御用医師となった。門下に水谷豊文らがいる。文政11年9月14日死去。78歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。本姓は舎人。号は見能庵,三学堂など。名は劉瑛とも。著作に「免帽降乗録」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

野村立栄

没年:文政11.9.14(1828.10.22)
生年:宝暦1(1751)
江戸中期の蘭方医。字は伯正,諱は元幸。立栄は通称。号は方円斎,三扇堂,三学堂など。美濃国(岐阜県)高須藩士舎人宇右衛門の子に生まれ,藩医野村立見 の養子となり,明和7(1770)年に美濃石津郡徳田村に本道兼外科を開業。転居を重ねて,のちに長崎へ遊学。吉雄耕牛 から天明3(1783)年1月,オランダ語と金創跌撲療法に関する免状を授けられ,同年9月,名古屋中御園町で開業。寛政7(1795)年に町医で御目見・御用懸医師,文政9(1826)年に隠居。医業の後半生は名古屋蘭学の基礎を固め,弟子の養成に尽力した。水谷豊文(寛政8年入門)の蘭学的知見が,江戸参府シーボルトを感心させたのもその例証。<著作>『免帽降乗録』『医家姓名録』<参考文献>安藤次郎『尾張蘭学者考』,吉川芳秋『本草蘭医科学郷土史考』

(岩崎鐵志)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

野村立栄の関連キーワード藤山惟熊栗本翠庵釈祐照涌蓮橋本宗吉五十嵐又碩江馬松斎斎藤方策杉田恭卿

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone