野村茂久馬(読み)のむら もくま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野村茂久馬 のむら-もくま

1870*-1960 明治-昭和時代前期の実業家。
明治2年12月28日生まれ。30年ごろ郷里の高知県で交通運輸業をはじめ,陸海に事業を拡大。四国のバス事業の統合,高知鉄道,土佐商船などの設立に力をつくし,土佐の交通王とよばれた。桂浜の坂本竜馬銅像建立にも協力した。昭和7年貴族院議員。昭和35年2月11日死去。90歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android