野田中洲(読み)のだ ちゅうしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野田中洲 のだ-ちゅうしゅう

1732-1792* 江戸時代中期の儒者。
享保(きょうほう)17年生まれ。紀伊(きい)和歌山藩士。古文辞学をおさめた在野の儒者多田暘谷(ようこく)にまなぶ。寛政3年12月死去。60歳。名は好古。字(あざな)は尚甫。通称は勘右衛門。別号に華陽,文恭。著作に「華陽詩話」「中洲小草」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

事実婚

内縁と同様,法律上の婚姻成立要件を欠くカップルの関係。内縁との違いは,当該男女が,現行の婚姻制度に対しなんらかの疑問をもち,積極的・自発的に法律婚を選択しないという点にある。たとえば,今日の法律婚は女...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android