コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野見鼎次郎 のみ ていじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野見鼎次郎 のみ-ていじろう

1827-1908 幕末-明治時代の武士,剣術家。
文政10年生まれ。幕臣。慶応4年徳川慶喜(よしのぶ)が上野寛永寺に謹慎した際,禄をうしなった幕臣への扶助料の支給を大総督府に嘆願。晩年は浅草六区に道場をひらき,観客に撃剣をみせて生計をたてた。明治41年9月20日死去。82歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

野見鼎次郎の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android