コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋津/蜻蛉 アキズ

デジタル大辞泉の解説

あきず〔あきづ〕【秋津/蜻蛉】

あきつ

あきつ【秋津/蜻蛉】

《古くは「あきづ」》トンボの別名。 秋》「いくもどりつばさそよがす―かな/蛇笏

あきづ【秋津】

奈良県吉野郡宮滝付近の古称。奈良時代吉野離宮のあった所。
「吉野の園の花散らふ―の野辺に」〈・三六〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あきづ【秋津】

もと、奈良県御所市、旧秋津村室のあたりの古地名。
奈良県吉野町、宮滝付近の古地名。上代、吉野離宮の置かれた地。 「花散らふ-の野辺に宮柱太敷きませば/万葉集 36

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報