野郎評判記(読み)やろうひょうばんき

世界大百科事典 第2版の解説

やろうひょうばんき【野郎評判記】

歌舞伎若衆に対する評判の書。いわゆる野郎歌舞伎は若衆歌舞伎禁止後〈狂言尽し〉を標榜して成立したが,美少年の歌舞伎若衆をスターとし,その美しい容姿と歌舞の魅力を売り物としていたから,それを男色趣味にもとづいて評判する書が,遊女評判記の影響のもとに作られた。歌舞伎若衆は表向きは〈野郎(成人男子)〉であったから,これを〈野郎評判記〉という。評するところは主としてその容色,性格,歌舞の巧拙,声のよしあし,酒宴の座などでの座持ち,色を売る若衆としての客に接する態度から閨中の味わいに及び,詩歌や肖像画を添えることが多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の野郎評判記の言及

【劇評】より

…また,中世には,能,狂言に関する劇評的記述も諸書に散見される。江戸期に入り,《遊女評判記》にならって,歌舞伎の《役者評判記》(初期のものは〈野郎評判記〉と呼ぶ)が刊行されるようになった。初めは役者の容色,姿態を品評するだけであったが,しだいに技芸評に重点がおかれるようになり,《役者口三味線(くちざみせん)》(1699∥元禄12)にいたって新しく合評形式を確立した。…

※「野郎評判記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android