容色(読み)ようしょく

精選版 日本国語大辞典「容色」の解説

よう‐しょく【容色】

〘名〙
容貌と顔色。みめかたち。
※三教指帰(797頃)下「容色顦顇、体形蕞爾」
※彼は昔の彼ならず(1934)〈太宰治〉「頭髪を短く刈ってしまって、いよいよ若く見えた。けれど容色はどこやらけはしくなってゐたやうであった」 〔史記‐淮陰侯伝〕
② みめかたちのすぐれていること。美貌。また、その人。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※こゝろ(1914)〈夏目漱石〉下「奥さんは口へは出さないけれども、御嬢さんの容色(ヨウショク)に大分重きを置いてゐるらしく見えました」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「容色」の解説

【容色】ようしよく

顔かたちが美しい。・沈既済〔任氏伝〕(たまたま)三人の中に行くに値(あ)ふ。中に白衣り、容色麗(しゆれい)なり。

字通「容」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android