容色(読み)ヨウショク

デジタル大辞泉の解説

よう‐しょく【容色】

容貌と顔色。みめかたち。また、みめかたちがよいこと。美貌。「容色に恵まれる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ようしょく【容色】

顔かたち。器量きりよう。とくに、女性の顔かたちの美しさ。 「 -が衰える」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

よう‐しょく【容色】

〘名〙
① 容貌と顔色。みめかたち。
※三教指帰(797頃)下「容色顦顇、体形蕞爾」
※彼は昔の彼ならず(1934)〈太宰治〉「頭髪を短く刈ってしまって、いよいよ若く見えた。けれど容色はどこやらけはしくなってゐたやうであった」 〔史記‐淮陰侯伝〕
② みめかたちのすぐれていること。美貌。また、その人。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※こゝろ(1914)〈夏目漱石〉下「奥さんは口へは出さないけれども、御嬢さんの容色(ヨウショク)に大分重きを置いてゐるらしく見えました」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android