容色(読み)ヨウショク

デジタル大辞泉の解説

よう‐しょく【容色】

容貌と顔色。みめかたち。また、みめかたちがよいこと。美貌。「容色に恵まれる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

よう‐しょく【容色】

〘名〙
① 容貌と顔色。みめかたち。
※三教指帰(797頃)下「容色顦顇、体形蕞爾」
※彼は昔の彼ならず(1934)〈太宰治〉「頭髪を短く刈ってしまって、いよいよ若く見えた。けれど容色はどこやらけはしくなってゐたやうであった」 〔史記‐淮陰侯伝〕
② みめかたちのすぐれていること。美貌。また、その人。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※こゝろ(1914)〈夏目漱石〉下「奥さんは口へは出さないけれども、御嬢さんの容色(ヨウショク)に大分重きを置いてゐるらしく見えました」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報