コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野郎歌舞伎 やろうかぶき

6件 の用語解説(野郎歌舞伎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

野郎歌舞伎
やろうかぶき

若衆歌舞伎が禁じられた翌年の承応2 (1653) 年,若衆の前髪を剃り落して野郎頭とし,「物真似狂言尽し」をもっぱらに演じる名目で許された歌舞伎をさす。これ以後,寛文年間 (61~73) 頃までを野郎歌舞伎時代という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

やろう‐かぶき〔ヤラウ‐〕【野郎歌舞伎】

初期歌舞伎の形態の一。承応元年(1652)若衆歌舞伎が禁止されたあと、前髪をそった野郎頭の役者によって演じられた歌舞伎。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

野郎歌舞伎【やろうかぶき】

歌舞伎の一形態。1652年に若衆歌舞伎が禁止されたのち,若衆の前髪をそった野郎頭の役者を使う条件で許可された歌舞伎。以後,歌舞伎は容色本位から技芸本位に移り,演劇として進歩した。
→関連項目歌舞伎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

やろうかぶき【野郎歌舞伎】

若衆歌舞伎の禁令以後,前髪を剃って,野郎頭(やろうあたま)となった男たちの歌舞伎,という意味で,1652年(承応1)ころから,いわゆる元禄歌舞伎時代まで二十数年間をふつうに野郎歌舞伎時代と呼ぶ。若衆歌舞伎の少年の前髪を剃り落とされたので,以後は成人男子の役者による,〈物真似狂言尽(ものまねきようげんづくし)〉として歌舞伎の再興を願い出て,許可されたと伝えるが,その事情も時期も,江戸と京坂では違いがあるようで,正確なところはまだ明らかにされていない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

やろうかぶき【野郎歌舞伎】

初期歌舞伎の一。若衆歌舞伎が、風俗を乱すとして禁止されたあと起こった形態。野郎頭の役者によって演じられたことによる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

野郎歌舞伎
やろうかぶき

初期歌舞伎における一時期の名称。1652年(承応1)に、風俗が乱れるとの理由で若衆(わかしゅ)歌舞伎が禁止されるが、役者の前髪を剃(そ)り落として野郎頭にすることと、「物真似(ものまね)狂言尽し」を演ずることを条件として、翌年再開を許された。これ以後、元禄(げんろく)時代(1688~1704)に入る前までを野郎歌舞伎(時代)とよぶ。すなわち、容色を売る若衆の扇情的な舞や踊ではなく、野郎が演ずる物真似芝居だという意味の命名であった。1661~87年(寛文1~貞享4)のころを全盛期とする。この時期は、歌舞伎が本格的な演劇としての道を歩き始める重要なときにあたり、内容は飛躍的な進歩を示した。女方(おんながた)の基礎がつくられたほか、各種の役柄が形成され、「傾城買事(けいせいかいごと)」「やつし事」「荒事(あらごと)」「意見事」というように「事」とよんだ多くの演技パターンがつくりだされ、演技術が著しく進歩した。舞台に大道具を飾り、二番続き、三番続きといった「続き狂言」を上演し、やがて引幕(ひきまく)も使用するようになった。一方、「役者評判記」が出版され、俳優の技芸の批評が行われるようになるなど、あらゆる面で、次なる元禄年間の第一次完成期を準備した時代といってよい。[服部幸雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の野郎歌舞伎の言及

【歌舞伎】より

… そこで,若衆の象徴である前髪を剃り落として野郎頭になること,扇情的な舞や踊りでなく〈物真似狂言尽〉を演ずることの2条件を受け入れて,53年再開を許された。これ以後を〈野郎歌舞伎〉と称する。野郎歌舞伎時代,歌舞伎は演劇への道を自覚的に歩みはじめる。…

※「野郎歌舞伎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

野郎歌舞伎の関連キーワード歌舞伎舞踊若衆歌舞伎紫帽子野郎野郎帽子歌舞伎踊野郎額段助鳥居庄七《若衆歌舞伎図屛風》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone