コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野間口兼雄 のまぐち かねお

2件 の用語解説(野間口兼雄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野間口兼雄 のまぐち-かねお

1866-1943 明治-大正時代の軍人。
慶応2年2月14日生まれ。日清(にっしん)戦争には西海艦隊参謀として従軍。山本権兵衛海相秘書官,海軍兵学校校長,教育本部長などをへて,大正12年横須賀鎮守府司令長官となる。海軍大将。昭和18年12月24日死去。78歳。薩摩(さつま)(鹿児島県)出身。海軍大学校卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

野間口兼雄

没年:昭和18.12.24(1943)
生年:慶応2.2.14(1866.3.30)
明治大正期の海軍軍人。薩摩(鹿児島)藩士野間口周輔の3男。明治20(1887)年海軍兵学校卒業。翌年海軍少尉に任官後,航海術を専門に活躍,日清戦争(1894~95)では西海艦隊参謀を務めた。31年海軍大学校へ入学,卒業後イギリス駐在を命じられた。帰国とともに同郷の海相山本権兵衛の秘書官となり,以後海軍薩摩閥の一員としてエリートコースを歩んだ。42年第1艦隊参謀長へ就任,以後軍務局長,海軍兵学校校長,舞鶴鎮守府長官などを歴任し,大正9(1920)年大将へ昇進,教育本部長となった。<参考文献>荒田道明『野間口海軍大将小伝』

(山崎有恒)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

野間口兼雄の関連キーワード英学育英制度池内蔵太海保漁村カッテンデイケ木下逸雲吉良仁吉小島紋次郎シーボルトニール

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone